もう老眼は怖くない?自分で出来るセルフチェック

自分に合った老眼鏡の選び方

この記事をシェアする

既製品・オーダーメイドはどっちが良い?

老眼鏡には既製品・オーダーメイドがあり、どれを選べば良いのでしょうか。まず既製品は多くの人に合わせたスタンダードは作りになっているので、デザインなシンプルなものが多いです。度数もいくつか種類があり、且つ安価で購入出来るのが強みです。

しかし自分に合ったものを見つけるのが難しいので、いくつかフィッテイングしなければなりません。出来れば専門店で担当者と相談しながら購入するのが良いでしょう。

オーダーメイドは検査を行った上で自分だけのオリジナル老眼鏡です。よって眼精疲労に繋がりにくく、好きなデザインを選択出来るのがメリットです。しかし完成までに時間がかかる、または費用が高額になりやすいのが難点といえるでしょう。

タイプによって選び方が違う

オーダーメイド・既製品どちらにしろ、老眼鏡を購入する際はまず用途を考えなければなりません。今の視力はもちろんの事、遠・近どちらなのか。レンズは薄型にするのか。室内向けの中近レンズやデスクワーク向けなど目的によって様々な種類があります。

日常生活を送る為に老眼鏡が必須になるのであれば疲れにくいフレームをチョイスすると良いです。人によっては長年コンタクトを使っていたため、コンタクトを継続利用したいという声もあります。しかし老眼対応のコンタクトはまだ開発されていないのでコンタクトをしても老眼は良くなりません。

ケースによってはコンタクトをした状態で老眼鏡をかける場合もあるので、目に負担をかけてしまいます。